善光寺

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。

日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺勧進出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。

今日では御開帳が行われる丑年未年に、より多くの参拝者が訪れる